LINK
ローンキャッシングした場合、返済をする時には金利分を含めての返済になるのは周知の事実です。ローン会社は経営の利益を狙いとした業者なのですから当たり前です。そうはいってもお金を支払う方は、わすかでも少なく支払いたいというのが内心でしょう。利息制限法が設けられる一昔前は、年率30%近い利息を支払っていましたが、定められてからは高金利でも年間18%位と随分低く設定されていますので、随分お得になった気がします。この頃のローンの利子幅は4%位から18%位の枠が用意されていて、利用限度額により設定されます。利用限度額は借り主の評価によって左右されます。総量制限により収入の1/3までと設けられていますので、一年の収入がどれほどあるのか?どういった職業についているのか?キャッシングカードの利用状態はどうなのか?等が確認され貸付可能金額としてクレジットカードの内容が決まることになります。カードを使ったキャッシングの場合利用可能額が10万円〜800万円(各会社で使用可能額は違います)と広い幅があります。そしてその範囲の中で決められた利用できる金額により利子も決まってしまいます。50万円なら年率18%、300万円なら年率12%、800万円なら年4%といった感じになるはずです。いわば、信用度が高評価であれば、与信額も良くなり、利息も低くなるというわけです。これに違和感を感じるのは私しだけでしょうか?余談になりますが、銀行又は金融機関にとって、それらの事実は常識でしょうが、一年の収入の良い人がキャッシングローンが不可欠と思えませんし、もしキャッシングサービスを利用したとしても金利が多かろうが少なかろうがお金の返済に悩む事はないと思います。むしろ収入悪い人は直ちにお金が必要だから借りるという方が大抵です。利率が高いとお金の支払いに追われることになります。なので借り入れ可能幅の低い人にこそ低利率で利用できるようにすべきです。この主張は使用する自分が置かれている立場としての考えではあります。この事実を踏まえて、利息を低くする為にはどうしたら良いのか、漠然と感じたのではないでしょうか。実際、これから書く方法で、申請する人が大勢いるので教えますと、キャッシングの手続きをする時、年の収入の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みをするのです。年収450万円なら150万円。年収600万円なら200万円。このカード審査で全額通ればその分金利が低いキャッシングできるカードを手にすることができるはずです。とは言ってもMAXギリギリまで利用しなければならないわけでもないのです。15万円でも20万円でも必要な分だけの使用可能です。また最高利用金額が300万円で最低利息年7%位の金融会社もあります。その業者に手続きを申し込めばその会社の最低利子で受ける事ができるようになります。どう感じましたか?考え方次第で低金利のクレジットカードを手にすることが出来るのです。自身の一年の収入とローン会社の利息を比べて、考える事さえ怠らなければ、より望ましい状態でキャッシングできるので、面倒だと思わず調べるようにしなければなりません。