LINK
借り入れについての支払方法というものは、カード会社の方針によって相当相違というものがあり、様々なやりようが選択されています。類型的には残高スライド方法やリボルディング払方法などが導入されているようです。斯様なほとんどの人が聞いたことがあるリボルディング払でも本当のことを言えば算出方法にいろんな様式があったりするのです。よってしかような方法により引き落し合計額が違ってしまうのですから理解しておいて損をするようなことはないはずです。そうしたら理解しやすく2つの方法のへだたりを説明しましょう。ひとつは元金均等払いその次は元利均等払いです。両者はその名を冠する通り元本に関して一様にして返済していくというのと、元金と金利を合わせて均一に払っていこうという手法になります。この場では10万円を借り入れたと設定し、実際如何様な勘定をするかみてみましょう。金利をいずれも15%というふうに試算します。リボルディングに関する支払は1万円と設定し計算します。ともかく元金均等払いのほうからいきましょう。斯様な事例のはじめの支払いに関しては1万円に対して利子分の1250円を足した引き落としになります。次の引き落しは1万円に利息分の1125円を足した支払額へとなります。このようにして総回数10回にて返済を済ませるという方法となります。他方元利均等払いというものは初回の支払に関しては1万円ですがそこから元本へ8750円利子に1250円というように割り振ります。2回目の返済については元金が8750円減った状態にて利息を勘定し、1万円をまた分配するのです。別言すれば、元利均等払いの事例は10回で返済が完済しないといった計算になったりします。こればかりの違いで二者がどのくらい変わってるのかが分かって頂けたと思います。元利均等とは元金均等に比較して、はっきりと元が減っていくのが遅くなっているといった欠点というのがあるのです。要するに金利といったものをおおく払うと言う状況になるわけです。反面1度目の支払いが些少な額で落着するという長所というものも存在したりするのです。かような返済方式に関するへだたりにより支払総額が異なってきたりしますのでご自身の計画に合った方針を取るようにしてみてください。